主要コンセプト

バリュー・ジャパン・パートナーズ株式会社の主要コンセプトです。

企業のグローバル化が進む中、我が国の企業会計にも国際会計基準が導入されつつあります。
それにより、すでに義務化されている事業用不動産(固定資産)の減損会計や販売用不動産(棚卸資産)の低価法の強制適用に加え、投資不動産(賃貸等不動産)においても時価開示(注記)が適用されることとなりました。
企業の情報開示(ディスクロージャー)が要求される現代、より適正かつ健全な財務諸表のため、企業が保有する不動産の時価会計及び時価開示が求められています。
私たちバリュー・ジャパン・パートナーズは、時代の変化に迅速に対応し、不動産のスペシャリスト集団として、企業が保有する不動産の精緻な調査・分析等を通じてクオリティの高い鑑定評価を行います。さらに、企業不動産の精緻な調査・分析・評価を行い、不動産の潜在的価値を引き出すことにより、企業のCRE(Corporate Real Estate)戦略を支援し、不動産の価値向上のための提案・マネジメント等のコンサルティングを通じて、企業価値向上をサポート致します。
また、不動産投資信託(REIT)やプライベートファンド等のための不動産の取得又は譲渡等においても、精度の高い鑑定評価を通じて、円滑な資産運用をサポート致します。